25日Xmas。
今冬初の浜名湖ウインターゲーム。
タイミングは満潮からの下げ。
北西風やや強く、水面もシャバ立ち、少々やりずらい状況。


今やこの時期かかせないSSM120をセットしフルキャスト!
遠くの表層を意識して、いつも通りのスローリトリーブ。

が、しかし開始約30分反応が全くございません(-。-;


居ないのかな?



潮も効き始め、いつしか激流。

上手く言葉で伝えられないけど、腰辺りまで浸かってると危険なくらいな流れ。

この時期の特徴として、僕の経験だと食いが渋く?、猛追してくるような引ったくる反応はまず無いと言って良い。
もぞもぞっとしたアタリがほとんどで、目の前にルアーを送り込む事が釣果に最も影響する。


しかし、流れは激流。
ペンシルをスローだとあっという間に流されちゃう。
飛距離が出るから余計に流される。
しかもリトリーブスピードを上げると浮き上がるから、渋い時には中層のレンジキープが難しい(-。-;


そんな時こそ勇気を出して【巻かない!】メソッド。

流れを掴んでテンションがかかったらほとんど巻かずに沈めて転がすイメージで送り込む。

感覚的な部分もあるけど、ほとんど巻かない。

寒い分、根気がいりますが(-。-;


こんな感じに切りかえて4ヒット出来たんで、一例とさせて頂きます(^。^)










少々サイズは小さいですが(-。-;汗


 2014.12.29 |