今日、11月下旬から卵から子供たちと育てたアマゴの稚魚の放流会へ行って来ました。
約3ヶ月間毎週欠かさず水換えを行い、水温が上がらないように冷蔵庫の中で大切に育ててきました。

孵化してからは順調に育ち、小さいながらもすっかり魚の形になり、大きさは2.5cm程です。

2324.jpg

集合場所に集まり、放流方法の説明を受けたあと水際に移動し、いざ放流です。
ペットボトルごと川にしばらく浸し、ペットボトル内の水温と川の水温差をなくしてから川に放流!!

自分は、毎週の水換えから開放されるので少し感慨ひとしおですが、子供たちはというと、、、、

そうでもないらしい。。。
やっぱり世話をしたのは、100%私ですからねぇ...

アマゴたちには、無事に大きくなって立派なアマゴかサツキマスになって欲しいものです。
子供たちには、命の尊さが少しは分かってもらえたのかなぁ?
 2011.11.29 | Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://shockersw.blog.fc2.com/tb.php/195-117d87ab