なかなか釣れないT川(-。-;

耳にする各地の羨ましい釣果情報とは裏腹に四月後半から五月、シーバスをメインに追い求めるも・・・アタリすらない日々がひたすら続く(-。-;


河口を攻め、中流を責め、上流を攻め、
また河口を攻め・・・今日はダメでも明日は出る!かも?と前向きに追い求める日々。


過去には五月、面白おかしくランカーシーバスをキャッチした年も有るのに、何で?
何で入って来ない?


気配すら無い(-。-;

それでもT川で釣りたい!

釣りがしたい!












気付けば春は終わり、こんな季節。
蛍が舞う中で釣りが出来る喜び。



追い求める魚をチヌに切り替えた六月。

ようやく魚の引を味わうことが(^^;;






ザブラポッパーがT川の黒鯛を引きずり出してくれた(^。^)


これからの季節、きっとボコボコに飛び出してくれることでしょう!


きっと・・・(^^;;






 2015.06.03 | Comment:0 | TrackBack:0
25日Xmas。
今冬初の浜名湖ウインターゲーム。
タイミングは満潮からの下げ。
北西風やや強く、水面もシャバ立ち、少々やりずらい状況。


今やこの時期かかせないSSM120をセットしフルキャスト!
遠くの表層を意識して、いつも通りのスローリトリーブ。

が、しかし開始約30分反応が全くございません(-。-;


居ないのかな?



潮も効き始め、いつしか激流。

上手く言葉で伝えられないけど、腰辺りまで浸かってると危険なくらいな流れ。

この時期の特徴として、僕の経験だと食いが渋く?、猛追してくるような引ったくる反応はまず無いと言って良い。
もぞもぞっとしたアタリがほとんどで、目の前にルアーを送り込む事が釣果に最も影響する。


しかし、流れは激流。
ペンシルをスローだとあっという間に流されちゃう。
飛距離が出るから余計に流される。
しかもリトリーブスピードを上げると浮き上がるから、渋い時には中層のレンジキープが難しい(-。-;


そんな時こそ勇気を出して【巻かない!】メソッド。

流れを掴んでテンションがかかったらほとんど巻かずに沈めて転がすイメージで送り込む。

感覚的な部分もあるけど、ほとんど巻かない。

寒い分、根気がいりますが(-。-;


こんな感じに切りかえて4ヒット出来たんで、一例とさせて頂きます(^。^)










少々サイズは小さいですが(-。-;汗


 2014.12.29 |
落鮎パターン炸裂って良く耳にするけど、T川では過去20年、一度も炸裂したことが無い(-。-;
バチパターンもそうだけど、人間が釣れる釣れる言ってるだけで必ずしもそうでないと思う。。。



10月中旬・・・
遡上してきたシーバス達は鮎を主食とし、たっぷり食っているだろう腹パン達を今年もそこそこキャッチすることが出来た。

















これは落鮎パターンではなく!
元気な鮎パターン!


気温・水温が下がり、産卵を終えて力尽きたサビ鮎がヘラヘラし始めるこれからの時期、シーバス達にしてみたら簡単に腹いっぱいになれるチャンスなのに、ワイワイ言うほど釣れた事が一度も無い(-。-;

むしろ釣れなくなる傾向にある。

水温が下がる前に腹いっぱいにして、鮎が落ちる前にシーバスの多くは落ちてしまう気がする。

ヘロヘロを食いに新たに遡上する魚も居ないと思う。

つまり、落鮎パターンより落鮎前パターンの方が釣れる!?


皆さんの河川はどうでしょう?











 2014.11.02 | Comment:0 | TrackBack:0
18号がT川にシーバスを連れて来てくれたようです。

エントリーサイズ×0だったマダカップ直後から好調なシーバス達(-。-;笑


スライドスイムミノー新色マジックパールチャート・・・僕がずっと熱望してて発売となった大好きなパールとチャートのいいとこ取りした融合色。
T川初デビューで食われまくられました(^。^)










広いエリアのミノーでは届かない、もう少し先のシャローを攻めたい時には是非!








手前エリアは手返し良くウィスパーでガッツリです!



そして清流エリアでもぶっとい83cmが❗️









清流で会うといつも疑問に思う。。。



いつここまで来たの?


途中にもベイト居るのに、なんでこんな上流まで来たの?


川に入って来る奴と来ない奴は何が決めてなの?


遡上する奴としない奴は何が決めてなの?


遡上してきたお前は鮭の様に毎年同じ場所に戻って来るの?





解らないから探す楽しみが有るんだけど、ほんとのところを聞いてみたい(-。-;





 2014.10.18 | Comment:0 | TrackBack:0
今年もショアの部で参加してきました。
毎年限られた時間の中で普段の自分スタイルで釣り上げることが出来るか?

T川と共に散る❗️

いたってシンプル❗️笑


大会前の独自調査では・・・数少ない中からリッジ90Fのスローで87cmを唯一1匹キャッチ出来たものの・・・






連日スカ・スカ・またスカ(-。-;

釣れるプランはゼロ(-。-;

潮回りも良く無いし、上流しかない!

居ない❗️❓

明らかに数が少ない❗️❓

でもこの河から離れられない。。。



4日夕方、メンバー達も思い思いの場所に散らばりスタート。


キセキを信じて清流の瀬上に立つ自分。
一投一投、食ってくれっ!
と、願いを込めて少しづつ少しづつ下って瀬から瀬尻を攻めるも、


生命反応が無い。


移動を繰り返すこと約5時間


どこへ行っても生命反応が無い(T ^ T)



その時、浜名湖に向かったメンバーの一人からLINE。





やった♫出た♫


折れかかった心にやる気スイッチを入れられ、再び一番最初に入った瀬に舞い戻る・・・

強い流れを正面から受けてもダイブし過ぎず安定して泳ぐウィスパー96をセットしダウンで瀬尻を責めること間も無く


待望のバイト❗️



あれ❓軽い❓






エントリーサイズに程遠い30cm(-。-;笑

緊張したーーーっ❗️

本命は素直に嬉しい❗️❗️❗️




時計を見ると1時半、雨もポツポツ落ちて来ていた。川辺に座り、もう諦めよう。しかし、どこか燃え尽きた感を感じない自分。





もう一カ所やろう!
更に上流の瀬に向い・・・食った❗️





足りない。
サイズが出ない。


更に立て続けでヒット!

おっ!50クラス!

バラシ・・・(-。-;泣

その後、アタリ出ず3時半。


終了。


燃え尽きました。(笑)




閉会式・・・

LINEくれたメンバーが82cmで見事優勝❗️










釣りだけの付き合いでないこの仲間達と今年も、けなし合い、励まし合い、ふざけ合い、喜び合い、同じ目標に向かって楽しい時間を過ごすことが出来ました!
人それぞれスタイルは違うけど、結果や技術よりも大切なものを知っている仲間は暖かく、財産ですね♫



さて、雨後に期待します。


ps...今回使用したウィスパー96は清流&流れの強い箇所で武器になります!
今まで上流で使うダウンサイズルアーはリッジ90Fとショアラインシャイナー97がストライクでしたが、ウィスパー96は一軍入り確定!
強い流れをダウンで受けた時の振り幅とダイブし過ぎないところが僕的にはビンゴです!

 2014.10.06 | Comment:0 | TrackBack:0